高麗人参の徹底活用ナビ

-効果・効能などについても!

ロゴ
メインイメージ
画像

サポニンの正体とは?

古くから万能薬・不老長寿の薬として用いられていた背景には1つの大きな要因があります。
それはサポニンという有効成分が含有されているということです。

この成分は非常に高い薬効を持っているということで知られており、
具体的には疲労回復や免疫力向上をはじめ、血液や自律神経にも効率的に働きかけます。

この成分は実は殆どの植物に少しずつ含まれているものです。
しかし、高麗人参には非常に様々な種類のサポニンが圧倒的な含有量を誇っています。
他にはないという種類もあり、ある意味特有成分といっても間違いではないというイメージです。

そのため高麗人参のサポニンは特別に【ジンセノイド】と呼ばれています。
ここでは、この成分の特徴を中心に解説しています。

サポニンの特徴

この成分を一言で言い表すのであれば【天然の界面活性剤】と言えるでしょう。
よく泡立つという性質があり、この泡は水に溶けにくいという特徴があります。
平安時代には植物から摂ってシャンプーの代わりのように使っていたという事もわかっています。


同じ高麗人参でも産地が異なれば含有されているジンセノイドにも違いが出てきます。
先述したように、他の植物よりも群を抜いて種類が多いといわれていますが、
特に韓国産のものは種類も量も豊富であるとされています。


アメリカ産のものに15種類程度含まれていますが、韓国産のものには30種類程度も含まれています。
倍近い違いがあるのですから、効能にも少なからず影響はあると考えられます。
そして、購入するからには効果を実感したいという方が殆どだと思います。
だからこそ、産地や加工法に気を付けて慎重に選ぶようにしたいものです。
お薦め通販ランキングのサイトが大変便利です。ぜひご覧になってみてください。

六年根・紅参

ここまでで解説したようにジンセノイドは効果・効能を左右する大切な成分です。
これを多く含む製品には実は共通点があります。


それが【紅参】であるということと、【六年根】であるということです。


紅参は加工法のひとつで、六年根は栽培に六年の期間を要したという意味です。
どちらもジンセノイドを最高に蓄積できている状態で、それゆえに高い健康・美容作用が期待できるのです。
このサイトwww.tdvshop.comでは、美肌への効果について詳しく解説しているページがありました。是非ご覧ください。

Copyright© 2009 Beauty Ginseng All Rights Reserved.