高麗人参の徹底活用ナビ

-効果・効能などについても!

ロゴ
メインイメージ
画像

高麗人参の歴史は長い

今では高麗人参は身近な健康食品・漢方として私たちの健康・美容の維持に大きな役割を果たしています。


さまざまな商品バリエーションがあり、選んで摂取することが当たり前のようになりましたが、
少し前までは一般人が手に入れるのが困難な時代もあったのです。


高麗人参が歴史上に初めて登場したのは約2000年前と言われています。


前漢の【急就章】という文献に登場しました。
そして、【神農本草経】という漢方医書の原本とされる文献によって効果・効能が記載されました。


その後、現在の本場韓国で栽培が始まり、諸外国に広がっていくこととなります。


日本に伝わってきたのは、
奈良時代の739年、渤海から聖武天皇に国交の贈り物として贈られたことが最初とされています。


大変効果が高く、漢方の薬効もありますので、当然日本での栽培も試みがあったようです。


しかし、元々栽培の難しい植物という事や、本場との気候風土の違い、
その他諸々のテクニックや知識も乏しかったことから、長い間栽培は成功しませんでした。


その後、健康維持に関心の深かった徳川家康の時代に本格的に作られるようになり、
1729年(享保14年)江戸幕府8代将軍、徳川吉宗の治世に成功しました。


現在では、福島県会津地方・長野県東信地方・島根県大根島等で現在でも作られています。


日本の気候風土で六年根になるまで成長させるのは難しいようで
最高級品と呼ばれるものになると、やはり本場韓国や中国で収穫されている物に多いようです。
こちらのサイトでは、青汁で健康になった有名人などを紹介しているようです。高麗人参のほかにも、健康食品はたくさんありますので、ぜひ、お試しください。

商品形態の多様化

高麗人参は、効能が非常に幅広いことから需要が高い健康食品であり、
同時に漢方としても重宝されています。


生産テクニックなども確立され、需要の増加とともに生産量が増えることで商品の種類も多様化しています。


昔ながらのお酒に浸けた【高麗人参酒】、【カプセル】、【パウダー(粉末)】、【ドリンク】、
【サプリ】、【錠剤】、パックやファンデーションなどの【化粧品】など、実に多様な商品が販売されています。


価格も手頃なものから高級なものまで幅があり、
品質をしっかりと見極めさえすれれば無理なく続けることも出来ます。


美容効果に目を付けて化粧品に配合し、美肌をへの作用を意識した商品も出ており、
美容への意識が高い女性が増えている現代にも非常にマッチした効能を持っていることが伺えます。


免疫力向上による風邪予防やインフルエンザ予防、
サポニンによる糖尿病や高血圧をはじめとする生活習慣病予防・改善
パニック障害や自律神経失調症、うつなどの精神疾患への作用など、
トータルケアが可能な食品と言えるでしょう。


飲み方・飲み合わせ・飲むタイミング・品質を意識し、より高い作用を実感しましょう。
また、こちらのサイトに高麗人参の効果的な飲み方についての解説がありました。ご覧になってみてください。

Copyright© 2009 Beauty Ginseng All Rights Reserved.