高麗人参の徹底活用ナビ

-効果・効能などについても!

ロゴ
メインイメージ
画像

最高級高麗人参の条件

私たちの生活のなかで健康食品やサプリメントの重要性が高まってきています。
食の欧米化にともなって生活習慣病患者の数は急増し、多くの人が不安を抱いています。
こういった背景のなか、特に優秀な健康・美容への効果で注目されているのが高麗人参です。また、こちらのページでは二日酔いに効くと解説されています。ぜひご覧ください。


もちろん、ひとくちに高麗人参といっても様々な種類があります。
そして慎重に選ばなければ効率的に薬効を得ることもできません。
高い効果を得るためには、良質なものを服用する必要があるのです。
こちらのサイトの品質の良い高麗人参に関する解説ページも大変参考になりますので、是非ご覧ください。

残念なことに、服用してもなかなか効果の出ない製品もあるのが現状です。
そこで、ここでは薬効の高い最高級のものを見極めるためのポイントを詳細に解説します。

紅参・六年根

【紅参】
これは「加工法」のひとつで、もっとも薬効が高いといわれている手法です。


この他には水参や白参といった種類の加工法があるのですが、
それらと比較したさいに、紅参は価格面でも比較的高額になってしまいます。
しかし、その分「高い薬効」を得ることが出来るのです。


ちなみに、これは生の状態の高麗人参を煮たものと蒸して乾燥させたものがあります。
また表皮をはがさないまま加工します。


なぜ効果が高いといえるのでしょうか?
それはジンセノイドの含有量と大きく関係しています。


ジンセノイドは、その多くが皮に含まれていると考えられています。
ジンセノイドは特有成分のひとつで、様々な症状に効果を発揮する成分です。
それが紅参を選ぶべき最大の理由だといえるでしょう。


【六年根】
栽培年数によってジンセノイドの含有量が大きく左右されます。
六年目に最大にまで増えて、それ以降は減少していくと考えられています。


同時に、栽培そのものが難しいということもあって、六年間育てられたものは価値が高いと考えられています。
当然のことながら、薬効も高くなり効率的に健康促進が可能になるのです。


上記の理由から六年根が最高級と言われていますが、
四年根も比較的高い評価を得ています。


以上のことを踏まえると、良質な製品を選ぶときには、
六年根で加工法が紅参のものを選ぶのが理想的ということになります。
ちなみにサプリメントを選ぶときは製法や「水」に注目するのも一つの手かもしれません。

Copyright© 2009 Beauty Ginseng All Rights Reserved.